自由の荒野を生きる

次々と迫り来る苦境を打破すること、
その繰り返しが人生だと思っていたのです。

音楽はその慰め、
その道連れ、
その相棒、
正気を保つための最後の砦。

汚泥を駆け抜け、茨を切り拓き、
(音楽と共に)
汚泥を駆け抜け、茨を切り拓き、
(音楽を使って)

その先にまさか、
このような光景が広がっていたとは。

まっさらな、自由の荒野。

それを目前に、
今、私は立ち尽くしている。
想像し得なかった、この世のかたち。

懐かしい汚泥のベッドで眠ることは、
もうないのだ。
懐かしい茨の枕で眠ることは、
もうないのだ。

(もうないのか?)
(懐かしきあの場所へ立ち戻るのか?)

戻ることは、もうない。

そこに満ちている空気を、
胸いっぱいに、鎖骨の上まで吸い込み、

……………。

一つ、溜め息をついたところ。

まずは一歩、
この荒野へと足を踏み入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です