ホントの交流

あけましておめでとうございます。

元日、実家へ向かい、
父の出すおでんやら日本酒やら、
母の出すなますやらお雑煮やら、
食べて飲む、という親孝行をし、
なんとなくテレビを見、
些細なことで(いつものごとく)、
母と険悪ムードに。

この母とこの娘があいまみえると、
繊細ガール対決となるのである。

世に出たら、
雨が降ろうが槍が降ろうが、
突き進む胆力のある2人である。

が、
繊細の達人2人、
極めに極めた感受性により、
周囲からは
「え、見えなかった……」
という速さで傷を与え、
傷を負うのである。
その刹那、
何十年分もの記憶、いや、
『何世代分もの母娘の記憶』!が、
噴出するのです。我らを通して。

自宅へ帰ったあと、
この世サバイブ暦が
私より数十年長い母からLINEが。
(立派な行為)

あれこれ書かれたあと最後に、

「優しくしてください^_^」

とあった。

家族同士ではニセモノの感情もアリ、
なご家庭も多いかもしれません。
が、私はニセモノをアリにできない。
(やらないのではなく、できないのです…)

以下、一般的には無情な娘の言葉。

「優しくしよう」とすることはしない。
それは既に雑念であり、
「優しくしてやったのに!」
という恨みを生んでしまう。
私の愛が自然に発動され、
「優しい」という結果が出やすいよう、
自分を整えていきます。

と返信した。

そしてその返信。↓

ホントにこう理解してくれたのなら、
このお母さん、すごいな。

うちの母もかなり、
ニセモノに敏感ガールだから、
ホントな気がする。

娘も、
母娘の交流がニセモノの交流になること、
を阻止しようとがんばった。

明日、天使同士として、
この母娘は会って遊びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です