音楽によって先に学べます


小学生にピアノのレッスン。

堂々と、フォルテで四分音符を刻むべきところで、

ふわん、ふわん、ふわん、ふわん・・・・

と弾いている。

弱い音で、何かを愛おしむ様に弾くのは、
とても得意で、美しく表現出来る子なのです。
ご本人の持つ空気感も、優しい感じ……。
そして「f(フォルテ)」と書いてあるところでは、
少し不安そう……。

今は、
「ここは強く」「テンポキープ」
とお伝えするのは対処療法でしかなく、

根本からなのじゃ!!

と思い、お話する。
(こういったとき、いつも「私が喋った」気持ちはしない。
 なんか熱い人が降りてきて、口を使っていくのです……)

————

ここはね、堂々と、みんなを導くの!!!!
女神様みたいに。
しっかり足を踏みしめて。
音楽に引っ張り回されるんじゃないの。
音楽を、自分で、導くの。

その、覚悟!!!!!

————

我にかえった私、
「覚悟ってわかる??」

その後、熱い人の通訳みたいなことを喋ってみたが、
でも通訳不要で、そのまま伝わっていたことが、
直後の演奏を聞いてよくわかりました。

導く!一歩一歩!!!!  できてる❤️

が、もうすぐその歩みが終わりに近づいてきたな、と思うと、
そこで「すでに終わってしまう」。
(気持ち、わかるよー!!!!私もそうなるもん……)

「まだ終わってなーい!!!!
 終わりが見えても、今はまだ終わってなーい!!!!」

皆を女神様みたいに、一歩一歩導く。
終わる予感があっても命を繋げ続ける。

そんなことを言っているうちにまた正気に戻る私、

「小学生にこんなこと、求めるの、早いかもしれないけど……
 『皆を導く!』って思ったことないかもしれないけど……」

熱い誰かからの熱い想いに、確信をもったこの世の私、

「でも、いま、それをやってみてしまいましょう。
 ピアノを通して、それをやってみましょう」

小学生の女の子は、私の目を見て、うなづいてくれました。

優しく見守る、支えるだけでなく、
力強く誰かを導く、その体験を、
彼女はピアノの演奏を通して、始めています。

うれしいっ🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です