捨てる事によって生きる


雨、
外で使った傘を干し、
洗濯物もお部屋の中で干してる、
それが私好みの絵のようで、心安らいだ。

「グランドピアノと共に生きよう」
と心に決め、春に引っ越しをしました。
そして、我が家を私が一番くつろげる場所にするぞ、と誓ったのです。

それまで私が一番くつろげる場所と思っていたのは……
地方へ仕事で行った時に泊まるホテル。
気にいらない物、不要な物が何一つない空間……

この春まで”汚部屋”と表現するような部屋に住んでいました。
子供の頃からずっと……!

「なんで片付け出来ないんだろ、情けない(120分くらい号泣)」
「(号泣後)まあいいや」

……と、自己嫌悪により体力気力が消耗するので、
要因を深く探るところまで至るのは難しいことでした。

ピアノと暮らすし、
ついでに我が家をホテルのように!する!
気にいらない物、不要な物、捨てる!
捨てる!
捨てる!
捨てるぞ!

物、一つ一つについて要か不要かの決断を下すことは、
誰に依るのでもなく、
自分で判断して良いのだ、ということを信じるための挑戦でした。
そこには恐怖がありました。

音楽において、決断することは怖くない。
音楽が美しく存在するため、私は決断する。

ひるがえって、
私が健やかに存在するために決断する、
それは、恐怖でした。

みすぼらしく醜い私を救ってくれる、尊く美しい「音楽」というものに等しく、
私自身も尊く美しいのだと、
認めるという行為は恐ろしいものでした。

何故か?
自分自身が尊く美しいと認めることに、
不慣れだったから……と思います。

勇気を振り絞り、何度も何度も休憩しながら、
何ヶ月もかけ、
自分の住まいを自分の為に居心地よく整える、ということを、
少しずつ、少しずつ……進めました。

もしかして、もう出来たかなー、
と思って暮らしてるけど、
ただ傘干して、部屋干ししてるのが、
美しく感じたから、出来たのかな。

とうとう、
私は尊く美しいのだと、認めます。

🌟🌟🌟🌟🌟

住まいを整える、に当たって、
こんまり先生(近藤麻理恵さん)のご本には大変助けられました。

『人生がときめく片付けの魔法』

聖書のように……
何度も何度も、
私に混乱が起きる度に読み返しました。
こんまり先生、ありがとう……。

まだまだ!もっとだ!!と、
号泣ではなく、ときめきと共に🌟
思っています🌟🌟🌟🌟🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です